社員みんなの写真

1 2 3 4 5 53

GW 甲斐駒ケ岳2


マックシステム (2016.09.20 09:00) | メンバーの戯言|

こんにちは、システムソリューション部のS木です。

前回、GWに行った南アルプス・甲斐駒ケ岳登山の続き(二日目)です。

gw_kaikoma2_01

といっても、昨夜テントを張ったのが、かなり標高が高い場所だったので

出発時には甲斐駒ケ岳山頂が見渡せました。

 

gw_kaikoma2_02

山頂付近は昨日までとは違い、雪がかなり残っている。

落ちたら止まらなそうだ・・・。

滑落しないように慎重に進んでいきます。

 

gw_kaikoma2_03

急峻な岩場を登りきると

gw_kaikoma2_04

山頂はすぐそこ!

 

gw_kaikoma2_05

山頂付近は祠がいっぱい。

やっぱ信仰の山なんだね。

雪に埋もれちゃってるけど。

 

gw_kaikoma2_06

そして、山頂に到着!

gw_kaikoma2_07

山頂にも祠が。

 

gw_kaikoma2_08

雪化粧した北岳の壮観な眺め。

 

gw_kaikoma2_09

こちらは、仙丈ケ岳。

 

gw_kaikoma2_10

鳳凰三山とその背後に薄っすらと富士山が見える。

なんて、のんびりもしていられない。

なぜなら今回の旅の目的地は、もっと先にあるのだから!

gw_kaikoma2_map01

甲斐駒ケ岳から、今回の真の目的地である鋸岳までのルートです。

このルート、かなり難しいらしい、って友達のT田くんが言っていたが

はたして無事たどり着けるのか???

 

gw_kaikoma2_11

先っぽがちょこんと尖がっているところが、目指す山頂なのかな~?

とりあえず、出発!

 

gw_kaikoma2_12

いきなり鎖を伝っての岩壁トラバース(横に登る)。

こっ、怖い・・・。

 

gw_kaikoma2_13

途中で石造りの小屋を発見。

六合石室という避難小屋らしい。

昨日はだいぶ余裕があったから、ここまで来ちゃえばよかったかな~?

 

gw_kaikoma2_14

さらに進むと、こんな看板を発見。

ダメと言われても、もう来ちゃったし・・・。

地図にもコース載ってるんだし・・・。

進む!!!

 

gw_kaikoma2_15

が、崩れ落ちそうな崖が続き

gw_kaikoma2_16

垂直の壁が立ちはだかる。

登るんですかい、これ!?

 

gw_kaikoma2_17

なんとか登りきると、頂がすぐ目の前に!

しか~し、ここで予定時刻をオーバー。

ここで引き返さないと今日中に家に帰れなくなる。

gw_kaikoma2_18

振り返ると、今朝登った甲斐駒ケ岳山頂があんなに遠くに。

あそこまで登り返して、さたに下山しなくちゃならないからな~。

残念だけど、今回は諦めよう・・・。

ということで、今回の登山は敗退に終わった。

 

gw_kaikoma2_19

夕方ごろ登山口降りてくると、下界は大雨。

タクシー会社に電話すると、出払っているとのことで捕まらず・・・。

土砂降りの中、駅まで2時間かけてトボトボと歩いて帰りましたとさ。

おしまい。

納涼盆踊り大会


マックシステム (2016.08.29 09:00) | メンバーの戯言|

こんにちは

ビジネス・サポート室です。

 

「2016年 東京大塚阿波おどり」の様子をお伝えしま~す!

の予定でしたが、

今回、急遽他のお祭りの様子をお伝えする事にしました。

 

きっかけは「東京大塚阿波踊り」が開催される一週間前の夕方、
事務所近くの公園から聞こえてくる太鼓と盆踊りの音楽でした。
ビルの玄関から提灯に明かりが灯っているのを確認し、いざお祭り会場へ!

1

 

改めまして、
大塚台公園「納涼盆踊り大会」の様子をお伝えしま~す!

まず、盆踊りが行われた大塚台公園について、少しご紹介させていただきます。
色々ありますが、何と言ってもこの公園の一番の特徴は
園内ほぼ中央に本物の蒸気機関車が展示されている事でしょうか。

この蒸気機関車は旅客貨物輸送として実際に活躍し、
なんと地球を約23周を走破したそうです!

2
[写真提供:U氏]

 

さて本題に戻ります。
まだ19時前ですが続々と地元の人が集まって来ています。
故郷ではなくても夏の盆踊りの風景は、どこか懐かしさを感じます。
3 5 6

 

盆踊りを踊っている人は疎らでしたが、屋台は沢山の人で賑わっていました。
まずは、お腹を満たしてから盆踊りといったところでしょうか。
7

皆さんも機会がありましたら、

昭和と平成が程よく入り交じる大塚に立ち寄ってみては、如何でしょうか?

それでは、また。

卵について


マックシステム (2016.08.22 09:00) | メンバーの戯言|

 

こんにちは。企画営業部のIです。

突然ですが、私は卵料理が好きなので今日は卵について書かせて頂きたいと思います。

egg-756968_1920-400x270-MM-100

卵は豆腐や糸こんにゃく等と調理する事によって、

低カロリーでありながらお腹にたまる工夫ができる食材であると共に、

二日酔いの防止にも役に立つという、

お酒が好き、最近お腹周りが気になっているという方にはぴったりの食材です。

 

その卵は、3つの部分から構成されています。

 

1つ目は、卵殻という卵の外側の部分です。

 

卵殻についている薄い膜をクチクラと言い、

このクチクラによって卵の殻はザラザラとした肌触りになっており、

なおかつ微生物から卵を守っています。
また、卵殻には2層の卵殻膜がくっ付いています。

 

2つ目は、卵白です。

卵白は4種類から成っていて、その9割が水分で残りはタンパク質で出来ています。
よく料理の際に取り除かれる事の多いカラザもこの卵白を構成する一部となっていて、

とても栄養価が高いので、可能であれば食される事をおすすめします。

ちなみにこのカラザは卵黄がずれないように中心に固定する役目を果たしています。

 

3つ目は、卵黄です。

卵黄は5種類から成っていて、およそ半分が水分であり、

残りは脂とタンパク質で出来ています。
黄身は新鮮であればあるほど張りがある為、よく料理の上に乗っている黄身が盛り上がって見えますが、あれは新鮮である証です。

PAK86_namatamago15173604_TP_V

 

卵は全体に対するおおよその比率は卵白が6割で卵黄が3割なので、

そのほとんどが良く目にし、耳に聞く部位から構成されています。

 

以上、卵についてでした。
それでは次回、美味しい卵料理にてお会いしましょう!!

プログラム言語のトレンドについて調べてみました


マックシステム (2016.08.01 09:00) | メンバーの戯言|

こんにちは。ITソリューション部の小林です。

 

僕は仕事で10年近くPHPを触っているのですが、ついに他の言語をやる機会がやってきました。

それはJAVA。仕事でJAVAのフレームワークであるPlayを使って開発することになりました。

PHPは「なんとなく書けてしまう言語」として初心者にもとっつきやすく有名になってきましたが、

その分ルールが曖昧な部分も多く、

大規模開発となると煩雑なプログラミングとなって保守性が低くなってしまうことがあります。

急成長したベンチャー企業などは、売り上げに技術が追いつかず煩雑になっている所が多いようです。

ある意味羨ましいですが。

 

職場でも同じことが起きているので、一念発起してPHPから別の言語にリプレイスしよう!となりました。

そこで、今のトレンドはなんの言語か調査する所から始めたらなかなか興味深かったので、

この場を借りて紹介させてもらおうと思います。

 

以下ののサイトとGoogleトレンドを見てみました。

▼IEEEが発表したランキング
http://spectrum.ieee.org/computing/software/the-2015-top-ten-programming-languages

top-tech-620px-1436797486093

▼Githubで使用されている言語ベスト10
http://venturebeat.com/2015/08/19/here-are-the-top-10-programming-languages-used-on-github/

github_top_10_programming_languages-930x535

IEEEの方が総合的なランキングらしいですが、Githubの方がなんとなく最先端な感じがします。
というか結構バラつきがあるので、平均を出してみた所以下のような結果になりました。

1. Java
2. JavaScript
3. Python
4. C++
5. C
6. PHP
7. C#
8. Ruby

やっぱりJAVAなんですね。IEEEで1位、Githubで2位と断トツです。

リプレイスでJAVAにしようと言う結論になったのは間違っていなかった!

 

JAVA以外に個人的に気になったことがふたつありました。

 

ひとつめはJavascript の台頭です。

僕がプログラムに興味を持ったことは、文字を点滅させるとか、

左から右に移すとかくらいしか用途がなかったJavascriptでしたが、

リッチなサイト作成が課題になってからはどんどん頭角を合わしてきて、

今やNode.jsと言うサーバサイドの言語まで出てきました。

うーん、凄い。Ajaxがとても大変だったので苦手意識があるのですが勉強しないといけませんね。

そもそも「Javascriptが言語である」という認識すらあまりなかったので目からウロコでした。

 

そしてもうひとつはPHPの人気が落ちてきていることです。

日本ではまだまだ根強い人気がありますが、世界的に見るとやはりトレンドから少し離れている印象です。

スマホアプリなどの流行でC系の人気がどんどん上がってきているのもPHP人気低下の要因のようです。

 

リプレイスでJAVAをやると決まった時は

「触ったことないし不安」「これでリリースが遅れたらどうしよう」

「実力ないのがバレる」「別に今までのままでもいいじゃないか」

などなどネガティブな思いが渦巻いていましたが(個人的にもそうですが全体的にも)、

折角の機会ですので、これを機にトレンド第一位を一から勉強しなおしてみようと思います。

さっそく言語のトレンドも把握できたし、前のめりで挑んでいくぞ(自分に言い聞かせる感じで)!

それでは、また!

東京バス案内 ~ 雑司ヶ谷 鬼子母神


マックシステム (2016.07.25 09:00) | メンバーの戯言|

ご無沙汰しております。
ITソリューション部 さとうです。

無類のバス好き(乗る方)の私の東京バス紀行、
本日は弊社本社にもほど近い「雑司ヶ谷 鬼子母神」をご紹介します。

・・・ただ、鬼子母神はバスよりも東京都交通局の都電でいくこともできるのですが
今回はあくまでバスを使って向かいますw

スタートは渋谷駅。
ここより都営バスの「池86系統 池袋駅東口」行きに乗り込みます。

ただ、このバスが止まるバス停は・・・渋谷駅のバスターミナルの中にはありません。
渋谷駅東口宮益坂にほど近い明治通り沿いにバス停があります。

そこから交通事情にもよりますが、25分ほどで「千登勢橋」もしくは「東京音楽大学前」停留所で下車。
「東京音楽大学前」からですと、鬼子母神西参道商店街を通って鬼子母神に向かうことができます。

IMG_20160228_134729

ちなみに「鬼子母神」は、「きしぼじん」ではなく「きしもじん」と呼ぶのが、
こちらの鬼子母神の正式な呼び方だそうです。
また、鬼子母神というと夜叉の娘で、近隣の子供を取って喰っていたという話が有名ですが、
こちらで祀られているのは、お釈迦様にその行いをたしなめられ改心し
「安産・子育の神となることを誓っ」た後の鬼子母神といことで、
漢字も「鬼」の字の点(ツノ)を書かないというのが習わしのようです。

鬼子母神ウェブサイト
鬼子母神堂の由来と歴史

IMG_20160228_133520

境内にある石碑。石碑の下の部分が完全に土の中です。
その歴史の古さを感じさせます。
上記のサイトにもありますが、鬼子母神像がこちらに祀られたのは戦国時代とのことです。

IMG_20160228_133658

やはり境内にあるみみずくの像。
鬼子母神では、みみずくの像も販売していました。
その時は詳しくわかりませんでしたが、みみずくと鬼子母神堂に関わる逸話もあるそうです。

他にも懐かしい駄菓子を売る小店や名物のおせん団子を売る店があります。
境内自体はそれほど広くありませんが、鬼子母神のまわりは雑司ヶ谷霊園もあり、また大小の寺社も数多くある地域です。

また、鬼子母神堂は2016年度に国の重要文化財に指定されるかもしれません。

文化庁サイト

東京は寺社が多い街です。
たまの休日にはバスにでも乗って寺社を巡ってみるのはいかがでしょう。

それでは、また次回。

IMG_20160228_143215
(帰りの都電の写真w)

1 2 3 4 5 53